Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

シンガポールの博物館/美術館 5選

Art Science Museum singapore アートサイエンスミュージアム シンガポール 博物館 美術館
LINEで送る
Pocket

シンガポールの観光の定番と言えば、景色の綺麗な観光スポットや海沿いのオシャレなレストランなどが挙げられますが、東南アジアの文化のるつぼであるシンガポールには、博物館や美術館などの芸術的見所も実はたくさんあります。近年は国をあげてシンガポールを国際的な文化芸術都市にしようという構想もあり、芸術方面への投資は益々加速しています。そんなシンガポールにおいて、押さえておくべき、日本人に特に人気のある博物館、美術館をまとめています。

目次

 

シンガポール国立博物館 / National Museum of Singapore

シンガポール国立博物館 シンガポール 博物館 美術館 National Museum of Singaporeンガポールで最も古く、最も大きな規模を持つ、シンガポールを代表する博物館。元々は1849年にシンガポール研究所(Singapore Institution)の図書館の一部として開業しており、当時はRaffles Library and Museumと呼ばれていた。1887年に現在の場所に移転し、正式にはこの年からシンガポール国立博物館としての歴史が始まっていると言われる。建造物としても見応えのある白亜の建物はネオ・パラディオ様式とルネサンス様式でデザインされており、14世紀から現在までのシンガポールの歴史を展示する「歴史ギャラリー(History Gallery)」と、シンガポールの生活や文化を紹介する「リビングギャラリー(Living Gallery)」の2つの常設展示に大きく分かれている。在住日本人による日本語の無料ガイドツアーも実施されおり、シンガポールの歴史と文化を包括的に学びたいという人に人気の高い博物館である。
Web: http://nationalmuseum.sg/
住所: 93 Stamford Road, Singapore 178897
TEL: +65-6332-3659
Email: nhb_nm_hospitality@nhb.gov.sg
営業時間: 月曜-日曜 10:00-19:00
 

シンガポール アート ミュージアム / Singapore Art Museum (SAM)

シンガポール アート ミュージアム 美術館 博物館 Singapore Art Museum SAM通称シンガポール美術館、現地では略称のSAMとも呼ばれる、シンガポールで最初の美術館。元々19世紀のミッションスクールだったセント・ジョセフ学院の建物を利用する形で、1996年に開業した。東南アジアにおいて、国際的な展示基準とプログラムを持つ、最初の美術館の1つであると言われ、シンガポールを含む東南アジアの現代美術の作品を中心とした展示が行われている。数か月ごとに展示の変更を行っており。絵画、彫刻、インスタレーション・アート、映像メディアなど、多彩な形態の作品を紹介している。海外の著名な美術館とも定期的にコラボレーションを行っており、メインとなる東南アジアの美術品に加え、海外の作品や最先端の芸術表現も定期的に楽しむことができる美術館である。上述シンガポール国立博物館と同じく、日本語によるガイドツアーも用意されている。
Web: https://www.singaporeartmuseum.sg/
住所: 71 Bras Basah Road, Singapore 189555
TEL: +65-6589-9580
Email: enquiries@singaporeartmuseum.sg
営業時間: 月曜-日曜 10:00-19:00 (金曜のみ21:00まで)
 

アジア文明博物館 / Asian Civilisations Museum (ACM)

アジア文明博物館 シンガポール 博物館 美術館 Asian Civilisations Museum singaporeその名の通りアジア文明に焦点を当てた国立博物館。元々1993年に設立され、2003年に現在のシンガポールリバー沿いに建物を移転している。シンガポール、東南アジア、西アジア、中国、南アジアなど、地域別のギャラリーに分かれており、美術品・工芸品から日用品にいたるまで、多種多様な展示が行われている。なお、海峡植民地時代のいわゆるプラナカン文化に特化したプラナカン博物館(Peranakan Museum)とは姉妹博物館の関係にある。多様な人種と文化が混在するシンガポールはアジアの文化のるつぼとして有名であり、アジア文明博物館では、そのようなシンガポール及びその周辺国の歴史を視覚的に体系立てて学ぶことができる。
Web: http://acm.org.sg/
住所: 1 Empress Place, Singapore 179555
TEL: +65-6332-7798
Email: nhb_acm_vs@nhb.gov.sg
営業時間: 月曜-日曜 10:00-19:00

アートサイエンス ミュージアム / Art Science Museum

アートサイエンス ミュージアム シンガポール 博物館 美術館 Art Science Museum singapore2011年にオープンした芸術と科学をテーマにした博物館。シンガポールの象徴マリーナ・ベイ・サンズ(Marina Bay Sands)の中に位置し、カナダ人の建築家であるモシェ・サフディ(Moshe Safdie)によってデザインされた蓮をイメージした斬新した建物は、マリーナ・ベイ・サンズでも一際目立つ存在である。3階建て、総床面積約5,000㎡の敷地には、21ものギャラリースペースを構えており、レオナルド・ダ・ヴィンチ、サルバトーレ・ダリ、アンディー・ウォーホルなどの世界的芸術家の作品を多数所有している。イギリスの大英博物館(British Museum)やサイエンス・ミュージアム(Science Musium)など世界中に有名な博物館やギャラリーと提携した国際展を開催する一方で、宇宙探査や粒子物理学の展示を行うなど、まさにシンガポールで最上級の芸術と最先端の科学に触れることができる博物館である。
Web: http://jp.marinabaysands.com/museum.html
住所: 6 Bayfront Avenue, Singapore 018974
TEL: +65-6688-8888
Email: MuseumEnquiries@marinabaysands.com
営業時間: 月曜-日曜 10:00-19:00
 

ナショナル ギャラリー シンガポール / National Gallery Singapore

ナショナル ギャラリー シンガポール 美術館 博物館 National Gallery Singapore2015年にオープンした東南アジア最大級の現代美術館。元々最高裁判所と市庁舎だった建物を改装して作られており、20世紀前半のイギリス植民地時代に建設されシンガポールの国定記念建築物でもある2つの歴史的な建築物と近代建築の新旧の融合により、建物自体が魅力の一つとなっている美術館である。旧最高裁判所のSupreme Court Wing、旧市庁舎のCity Hall Wingと呼ばれる二つのエリアでは、シンガポール及び東南アジアの絵画、写真、映像、彫刻などの多彩な現代アートを鑑賞することができる。ビジュアルガイドと呼ばれるアプリをダウンロードすることにより、オーディオガイドと館内マップ機能を用いたアート検索ができるなど、新しく建てられた美術館らしく最新鋭のITシステムを活用した鑑賞体験ができるのも特長である。
Web: https://www.nationalgallery.sg/
住所: 1 St Andrew’s Road #01–01, Singapore 178957
TEL: +65-6271-7000
Email: info@nationalgallery.sg
営業時間: 月曜-日曜 10:00-19:00 (金曜のみ21:00まで)
 
LINEで送る
Pocket

ページトップへ戻る